住宅改修の種類

住宅改修費の対象となる住宅改修は、以下の1~6と定められています。
対象となる住宅は、要支援、要介護認定を受けている人が居住している住宅です。
(被保険者証に記載されている住所の住宅のみが対象)

1. 手すりの取付け

廊下、トイレ、浴室等で転倒防止や移動のために手すりを取り付けます。

01tesuri

2. 段差の解消

玄関、居室、廊下、トイレ、浴室等の段差解消やスロープの設置を行います。

02dansa

3. 床や通路の材料の変更

浴室の床を滑りにくい床材に取り替えや和室(畳)から洋室(フローリング)への変更等を行います。

03yuka

4. 扉の取替え

開き戸を引き戸や折戸等に取り替えや扉の撤去、ドアノブの変更等を行います。
 

04tobira

5. 便器の取替え

和式便器を洋式便器に取り替えます。
 

05benki

6. その他の住宅改修

1~5に付随する下地補強や柱や壁の改修、給排水設備の工事、柵の設置などを行います。

06sonota

ページ上部へ戻る